全日本マスターズ獲得までの道 第4回

全日本マスターズ獲得までの道 第4回

今回で最終回です。

今回は、全日本マスターズまでに実際に行った

練習内容について

書いていきます。

 

【全日本に向けての練習】

ここからは実際に10月に行われた全日本に向けた

練習内容を書いていきます。

スタートは7月でした。

実は全日本はそこまで重要視してなくて、

元々は中止になったニセコや

9月に南魚沼で行われた経産旗を

目標レースとしていました。

ただ後述致しますが、9月頭の落車で

経産旗ではマトモに走れなかったので

全日本に照準を合わせました。

 

7月はとにかく距離を乗りました。

一日平均100kmを3週間。

つまり21日で2100km走りました。

強度は特にしていなく、とにかく自転車に

またがる時間を増やしました。

 

北海道で合宿を1週間行い、

4日目に休息日を入れた以外は基本100km

走りました。

この時は4時間淡々と走ることを目標にしました。

その後も神戸~金沢に行ったり、

ロングライドを出来るだけ行いました。

真夏にロングを行うことは身体への負担が

非常に大きく

あまり良い練習とは言えないかもしれませんが、

その後は非常に調子が上がりました。

 

その後1週間レスト週をいれました。

レスト週は気の向くまま走ります。

翌週以降に練習をしっかりできるように、

体力的・精神的に充実させることが目的です。

 

その後は合わせて5分走を中心に行いました。

(南魚沼のコースも5分走が必要になるコース

だったため)

 

基本的メニューは

L3走30分

5分走×3

 

5分走については3本出来るマックスのパワーを

目標値にしました。

レストはしっかりとり、3本目が

1番パワー出るように練習しました。

 

また10分走でのFTP強度での練習や、

3~8分走で5分走前後のパワーでの練習を

行います。

 

また友達を捕まえて、足がスカスカになるまで

走るような日も何度も繰り返します。

 

先月に長距離乗り込んだことにより

踏める時間が長くなったり、パワーが出るように

なることを感じられるので、高いモチベーションで

練習することが出来ました。

 

9月は残念ながら落車してしまったので、

2週間ほど強制レストになりました。

 

9月の下旬から練習を再開し、

また長距離の乗り込みを再びやりました。

全日本までは5週間しかなかったので、

2週間乗り込み→4日完全休養→2週間メニュー

→テーパリングの流れで行いました。

 

乗り込みは2週間で

1400km(平均100km/1日)を走り、

最後2週間しっかり練習するために、

4日間完全休養日を入れました。

 

そしてその後はまた5分走中心に練習を

行いました。

5分走以外は30秒×20本や2分走等の

インターバル系のメニューも入れて

足に刺激入れを行います。

 

全日本の前の週はレース感を取り戻すために

愛知に遠征に行き、

AACAとリトルに出場しました。

 

AACAでは勝ち逃げに乗れたし(千切れたけど)

リトルでは良い感じに逃げれました。

(最後スプリントで負けたけど)

 

結果は残せなかったけど両レースとも良い感じに

走ることが出来ました。

まぁここで勝つことが目的じゃ無いしな!

(負け惜しみ)

 

平田クリテも出るか迷ったけど、

平田は以前出場した時に

普通に千切れてDNFしていて苦手意識があるので

悪いイメージが残ったまま全日本に臨むのが嫌で、

出場しませんでした。

 

最終週は火曜日に高強度のアワイチを行い、

あとはテーパリング。

テーパリングはこれまでの練習と同強度で

回数を半分に減らします。

心拍に負荷を掛けつつ、レースに向けて

疲労を残さないようにするのが目的です。

 

気を付けていたのはレース前に特別な

練習をしないこと。

レース前だけにする練習等を行って

疲労を残してしまってもダメなので、

行っていた練習を継続することを心がけました。

 

練習は常に3,4日/週でそれ以外の日は

回復走を行っていました。

回復走は全日本マスターズのレース時間を

意識して、2時間20分足を回す。(強度フリー)

 

スプリント練習はしていません。

僕のスプリント力では、スプリント勝負になった

時点で勝負にならないので捨てました。

これは今後の課題ですね。

 

高強度の練習を行うためには乗り込みを行い、

高強度に耐えうる身体を作って、

高強度の練習をする。

というのを基本に行っていました。

 

あとはしっかり寝て、

しっかり食べるのを意識していました。

それが全日本でしっかり走れたのに

つながったかなと思います。

 

以上で今回の記事は終わりです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

もし質問等あれば連絡いただければお答えします。

 

※トップ画は photo by三井至さん

練習方法カテゴリの最新記事