JBCF おおいたロード チームメイトの活躍とやらかしの話

JBCF おおいたロード チームメイトの活躍とやらかしの話

大会名

第7回 JBCF おおいたサイクルロードレース

 

クラスタ

E1

 

距離

68km(4km×17周)

 

毎年恒例の大分遠征。

毎度のことながらクリテは微妙な結果で終わり、

2日目のロードレース。

 

大分のロードレースは一昨年はE2 3位、去年は

E1 2位と相性が良い。

登り1カ所、平坦、下り1カ所、平坦という

ある意味わかりやすいコース。

最後180度コーナーから登りゴールというのが

曲者ではあるが、それ以外はクセの少ない

コースだ。

 

出場メンバーの中で、東くんは前日のクリテ

優勝してるし、先週の広島ロードもブリッジ、

ブリッジからの2位。

めちゃくちゃ調子良いから要警戒。

あとIRCの大町選手は実力的に頭一つ抜けてる。

ここまでずっと格の違う走りをしてるから

勝負には絡んでくるだろう。

 

VC福岡勢は69は勿論、他のメンバーが

シーズン通してドンドン走れるようになってる。

層が厚くなってるように感じる。

 

あとは去年ここで優勝しているゼロの塚ちゃん、

ヴェローチェ池さん、湾岸雑賀さん、

ホダカファクトリーレーシングの野中さん

松山工業の村上選手辺りが強い。

しっかりレースに絡んでくるだろう。

 

レース予想としてはこのコースは毎年最後の

登りスプリント勝負になるから今年も

多分そうかな。

 

うちとしてはハルヒ、僕で逃げに対応。

2人が対応出来なかったら乗り気さんがヘルプ。

最後スプリントになったら小林さん、

ホッキーさんで勝負。

実は今回は唯一僕もスプリントに絡めるコース

レイアウトだから、それはそれで楽しみ。

 

レースはマスドスタート。

スタートと同時に東くんが飛び出していく。

それを村上選手が追走。

集団はオールアウトで先頭付近を固める。

 

すると最初のコーナーで目の前でチームメイトの

植田さんがコントロールを失って落車。

僕はなんとかクッションに突っ込んで落車は

しなかったけど、少し集団から遅れてもがいて

集団に復帰。

 

するとレースはニュートラルに。

1度止められる。植田さんの落車の影響で

コースがクリアになるまでレースストップ。

その間救急車の植田さんの様子を見にいったけど

意識はあって、無事そう。

とりあえず良かった。

 

レースは仕切り直しへ。

周回数は20周から3周回減らして、17周へ。

距離にして12km減るが、レース展開としては

あまり影響は無さそう。

 

そして再スタート。今回は大人しめ。

そしてコーナーでさっき吹っ飛んでった植田さんが

チラついて全く突っ込めず。

ああ、これはこのレース中あかんやろな。

1人インターバル。後ろの人ごめんね。

 

2周回目の登りでハルヒ含む4名ほどが

抜け出していく。

VC福岡の中島選手?が追いかけていくから

マークに入る。

雑賀さんらも来て、そのままジョイン。

10名ほどの逃げになる。

雑賀さんと石橋選手の湾岸2人に塚ちゃん、

VC福岡も2人入れている。村上選手もいる。

うちからはハルヒと僕の2人。

中々良い逃げだ。

 

毎度の雑賀先生コントロールのもと、

徐々に集団を突き放す。

登り区間で1.2名脱落したが逃げるには

十分な人数だ。

 

4周目ぐらいで東くんが単独でブリッジ

かけてるのが見えたから登りでペースを上げて

突き放す。

東くんと一緒に逃げるのは嫌。

 

最大1分近くまで集団離したけど、

後ろにまだ大町選手や池さん、69など

動ける選手が残ってるからなんとなく

最後までは逃してもらえないだろうなーと

思って、足を残しながら回す。

 

すると大町選手が単独でブリッジしてきて、

6周目の終盤にジョイント。

それがきっかけで集団のペースが上がり

7周目には吸収。

とりあえず一旦休憩出来るわ。

 

カウンターで出た福岡の池田選手には

乗り気さんがチェックに入り、そのまま2人逃げ。

集団の前に出て抑えつつ、足を回復させる。

69とかも出てきて、初めて福岡と共闘w

たまにはこんなこともあっても良いよね。

 

ただ集団は淡々と良いペースを刻んでたから

乗り気さんらが3周逃げた辺りではペースを

乱そうと思って、登りでアタック。

すると石橋選手のチェックにあい、

雑賀さんにカウンターをくらう。

 

なんとか雑賀さんにくらいつく。

69ついてくるが、僕は着ききれず集団へ戻される。

はい、やらかしたー。

 

結果ただ集団のペースが上がって、10周回目の

登りで乗り気さんら吸収。

ごめんよ乗り気さん_(:3 」∠)_

 

ただ吸収されたところで乗り気さんらが

もう一度踏み直す。前が離れていく。

その後ろにいて、ついていけず、

あー後ろの人ごめんなさいって思って後ろみたら

めっちゃ離れてるーー。

 

なんか気付けば芋掘り状態。

正直クッソしんどかったし、辞めたかったけど、

これはついていかないといけないと判断して

もっかい踏み直す。

登り切りまでになんとか合流。

あーしんどいよー。

 

メンバー変わって2回目の逃げ。今回は8人。

最初の逃げの時に居た選手は湾岸の

石橋選手のみ。あとはVCの69、池田選手の2人と

池さん、野中さん。ユーロの田中選手。

そしてうちからは乗り気さん、僕。

 

圧倒的優勝候補の大町選手とハルヒ、そして

イエロージャージの東くんが居ないことで

逃げが容認されたかな?

「集団止まってるよ!」と声をかけて

思いっきり踏む。

チームメイトの抑えもあって、2周回ほどで

一気に1分差まで開く。あと5周。

集団もしんどい展開だったし

もう吸収されることはないだろう。

あとはここでの勝負。

と大町選手のブリッジが怖い。

 

序盤から逃げて足はもうすっからかん。

乗り気さんは脚色悪くは無さそうだけど、

どうだろうか。

申し訳なさはあるけど、ちょいちょいローテを

飛ばしながらついていく。

下手すると登りで置いていかれそう。

 

ここで大町選手がブリッジしてくるのが見える。

流石。そしてその後ろにはハルヒ。

そしてそこから少し離れて東くんが単独追走。

これは…!

 

乗り気さんに「ハルヒ来てる!」と声をかけて

2人ともツキイチ。追いついてもらえばうちは

3名。俄然有利。

東くんは追いつかせたくはないけど。

 

VC福岡も東くん来てるからか微妙に回らなくなる。

ただ単騎の池さん、野中さんが強い引き。

まぁこの2人は踏むしかない状況だよね。

恐らく回らない状況にイライラ溜まってだろうけど

すまんな-_-

 

と思ったら池さんが最後の下り手前のコーナーで

落車。マジか。

これはあかんと思い、乗り気さんとローテに入る。

集団に追いつかれたら意味がない。

 

どうせもう脚ないし、ハルヒが追い付いたら

飛び出そう。そしたら2人は休める。

そう思い、ラスト2周の坂で追いつかれたところ

(池さんも一緒に追いついてきた)で

アタック!

 

69にピッタリつかれる。逃してもらえないよね〜。

ていうかもう脚ないよね〜。

ちょっとぐらい見せ場作らせてもらっても

いいじゃん!笑

 

この時点で9人。うちオールアウト3人。

僕は最後スプリント出来る自信がありません!

 

というわけで最終周回。

今度は登り切った平坦部分でアタック!

1kmでも、1分でも役に立たねば!

 

そして後ろみたら大町選手にピッタリつかれてる!

アババババ。

はい、完全にやらかしましたね〜😇

 

独走が強い大町選手の発射台に。

そのあと加速していく大町選手につききれず、

集団に戻る(9周ぶり2度目)。

ん〜?このまま行かれたら戦犯俺やぞ〜?

 

だがハルヒが先頭に出た際にコーナーを利用して

後ろをブロック。2.3秒離す。

そのままハルヒは単独追走へ。

頑張れハルヒ!笑

 

69がハルヒに追いつこうと加速するのに

なんとかつこうとするがつけず。(半周ぶり3度目)

だめだ脚ねぇわ!

 

その後ハルヒは大町選手に追いつき、

69は集団へバック。

前2、後ろ7に分かれる。

優勝争いは2人のマッチアップ。

 

最後は集団の最後尾でスプリントへ。

備えるほどで脚ねぇけどな。

まぁでも一個でも良い順位を。

まだ表彰台の可能性残ってるし。

 

登りの前で池さんがするするっと上がっていくのを

利用して2番手で最後の登りへ。

もがく池さんの後ろでシッティングで

脚を溜めて、池さんが止まったところで

最後のもがき!無理だ!

 

2秒ほどもがいたところで、左から

乗り気さんが良い脚色でスプリント!

前もハルヒが大町選手を抜いている!

頑張れ2人とも!←

 

そしてハルヒ優勝!乗り気さん3位!

やったーー!(因みに僕は7位)

なんかあんまり役に立った感ないけど

チームは1.3!

オールアウトで表彰台に2人!

嬉しいーー😊

 

今シーズンもあと少し。

乗り気さんもハルヒも今シーズン最終戦だし、

大人数での遠征は今回で最後。

チームとしては最高の結果だった。

(個人としては色々冷や汗だったけど)

 

これで今季ハルヒはE1 2勝目。

チームとしては4勝目。

あとは群馬、周南、相模原?でおしまい。

あと少し頑張るかー。

 

 

実業団レースカテゴリの最新記事