楕円ギアについての体感的あれこれ

楕円ギアについての体感的あれこれ

普段はレースとかたまにライドとかの記事しか

あげないけど、最近楕円ギアから真円ギアに

変えたからそれについての所感。

決して科学的考察とかそんな高度な

話じゃないんで、

そんな感想もあるんやなふーん

ぐらいで読んでもらえれば。

 

楕円ギアってなんやねんっていう話は

飛ばします。それは僕が説明するより

ググったら幾らでも分かりやすい記事が

出てくると思います。

 

じゃあ楕円ギアは何が良いかという話から。

ペダリングをするにあたって、人間の足というのは

綺麗に真円に動くように関節が出来ていません。

そこで力が1番かかる場所、3時のところがピークと

なり、逆に時のところが抜けるようにギアを

作っちゃいましょうというのが楕円ギアです。

こうすれば漕ぎやすいから、パワーが出るでしょ。

っていうのがザックリ僕の楕円の理解です。

 

じゃあここからは楕円ギアからなんで真円ギアに

変えたかと変えて感じた事3つ。

 

1.チェーン落ちしやすい

変えた理由は圧倒的にこれです。

今季JBCFのロードで4回チェーン落ちしました。

メカニックには変速が下手くそだからと

言われましたが、それにしても落ちすぎやろと。

 

うち3回は登り終えてインナーからアウターに

上げるときに上がりきらずに落下。

もう一回はアウターローで路面で跳ねた時に

落下。

 

シビアなのは理解出来るけど、残念ながら

これは僕には使いこなせませんわ。

気を使う分ちゃちゃっと変速して走った方が

速そう。

 

2.勾配の変化に弱い

楕円ギアは最初に言った通り、ピーク時に

1番パワーがかかるように設計されています。

 

でもこのピークって勾配によって変わりますよね?

登りは入力遅めだし、降りは入力早め。

でも楕円ギアだと一定の場所で強制的に

ピークを持ってこられる。

 

漕いでる感覚のピークと機材のピークの差。

この差が個人的には結構気になった。

特に登りから降りに切り替わるタイミングで

抜けるような感覚があった。

まぁ真円にしてから気づいたんですけどね。

 

3.足を使い切りやすい

楕円ギアは人体に合わせてパワーが出やすい

ように設計されている。

1番パワーが出やすい漕ぎ方を強要される。

これは、凄く走りやすいんだけど、

実は同じ漕ぎ方で走り続けることになる。

 

するとスタミナ切れちゃうんですよね。

上手い人は色々な漕ぎ方を混ぜて、

使う筋肉を変えることで体力の消耗を抑えている。

 

でも楕円だと同じ漕ぎ方。

漕ぎ方を変えてももちろん進むは進むけど

反応が悪い。

 

これらの3点から僕はこれからは

真円にしようかなと。

丸2年ほど楕円だったから変えるの不安だったけど

何とかなりそうだしね。

 

とか言って数ヶ月後には楕円に戻してたりしてw

 

機材カテゴリの最新記事