JBCF 栂池ヒルクライム 思いっきりぶっ飛ばされた話

JBCF 栂池ヒルクライム 思いっきりぶっ飛ばされた話

大会名

JBCF 第22 栂池高原ヒルクライム

 

クラスタ

E1

 

距離/獲得標高

17キロ/1200m

 

栂池高原ヒルクライム。距離17キロ、

獲得標高1200mと過去出たヒルクライムの

大会の中では断トツで長いコース。

 

平均勾配は7%とそこまできつくは無いが、

最初の2キロは体感10%ぐらいのきついコースだ。

今回はチームメイトの高田くんと一緒に参戦。

高田くんは運転慣れてなくて四苦八苦しながら

尼崎まで迎えに来てくれた笑

僕は尼崎まで自走。

 

そして新潟経由で栂池まで。

相変わらず遠いっす笑

 

栂池についてとりあえず試走。

パワー出なく無いですか?笑 

あんまりにもパワー出ないし、お腹すいて

ハンガーになりそうだったから

残り2.5キロを残して下山。タイムも全然やったしね。

 

宿に着いてから時間めっちゃあったから

さっさと就寝。のつもりがベッド入ってから

3時間半ぐらい寝れず

結局5時間ぐらいしかねれず、当日を迎える。

 

当日は7時に会場へ。受付を済ませて、

ソレイユの乗り気さん、ナガレさんと一緒に4人で検車へ。

ここでまさかの問題発生。ナガレさんの自転車が

軽すぎて検車で引っかかる。

検車で引っかかる人初めて見たわ笑笑

 

え、どうするどうするってなってバーテープとか

ボトルゲージとか案を考えるけど、200g

軽いから結構怪しそう。

ナガレさんに聞いたら後輪チューブラとのこと

だったので、僕のクリンチャーと交換してみたら

とりあえず検車通った。セーフww

 

因みに僕のバイクは持った瞬間「OK!

と言われました。楽だけど複雑やわ。

 

そしてコース前半を2往復ぐらいしてアップ。

乗り気さんはえぇな。

 

今回は完全に減量失敗(というか食べたから当然だけど)したし、

パワーもやから優勝争いには絡めなさそう。

どうせだからどこまで着いていけるか試したい。

シングルには入りたいなぁ。

 

優勝候補はソレイユ乗り気さん、

ケッヘルVCスプートニク(語呂良すぎひん?)のロラー男さん、

そして一緒に走ったことはないけど、

ファントム湘南の佐々木選手が速いらしい。

この3人が飛び出したら見送りかな

まぁそんなレベルに無かったんですけどね笑

 

そしていざスタート。序盤の激坂区間はロラー男さん

が飛び出す。飛び出すっていうか、ペース遅くない?

ぐらいの雰囲気で後ろチラチラ見ながら走ってる。

いや、はえぇよ。

 

そして激坂区間を終えた辺りで勾配が緩むけど、

もういっぱいいっぱい。ああ、きつい〜

若干下り混じりの区間で先頭集団の最後尾に

なんとか食らいつく。

回復してくれへんかなぁ。多分厳しいよなぁ。

 

そして再び登り区間へ。あああ、前が中切れしとるぅ。

ヴェローチェー!まぁ前が中切れせんでも自分から

千切れてた可能性が大やったけどな!

最後尾についたお前が悪い。

 

そっからは自分のペースでも走れず全然パワー出まへん。

先に千切れた2.3人に抜かれる。

スキー場の出た辺りでちょっと回復して、

前を追いかけ始める。

とりあえず目標は前にいるサイタマサイクルプロジェクト。

 

しかし差が縮まるどころか開いていく。

そして後ろにいたシマノドリングの選手に捕まる。

この辺りでE2トップにはものすごい勢いで抜かれる。

 

シマノの選手の後ろにつかせてもらって、前を追い上げる。

緩斜面だからだいぶ楽。暫くして前を引けそうだから

シマノの選手に声をかけてローテーション。

声かけた時はいいよと言ってくれたけど、

俺のペースが遅いのかすぐ前に出てくれる。

有り難い。

 

そしてこの辺りで前の選手に追いつく。

3人ぐらいいたかな。前に追いつきそうだったから

踏んだらシマノの選手を千切ってしまった。

引いてもらったのに申し訳ない

 

ヴェローチェとあと1人前から落ちてきた選手を抜く。

サイタマはまだ前。この辺りでラスト5キロ。

ここからはサイタマの選手を追う。

ずっと見える位置にはいるけど、中々追いつかない。

ダンシング多用して1人インターバルみたいな形になる。

ペースじゃもう追えません

 

しかしサイタマの選手は息を吹き返したのか

ジリジリと離されていく。

ラスト2キロぐらいでは完全に見えなくなり諦めモード。

 

あとは後ろに追いつかれないように走るだけ。

たまに来るE2の選手とかにぶら下がって

ちょっとでもタイムを稼ぐ。

するとラスト1キロぐらいで全然今まで見なかった

選手に追いつかれる。

多分最初からペースで登ってきてたんやろうな。結構きつい。

 

でもきっと瞬発力は俺の方があるだろうから

ツキイチして最後のゴールまで耐える。

ゴールが見えたらスプリントや。

激坂区間でちょっと離されたところで

ゴールが見えて慌てて踏む。

最後ハンドル投げたけど、体感的には届かず。

あー、やってもうたなぁ。

 

と思ってたけど、リザルトみたらさしてた。

チップの位置じゃね?笑笑 

先に行かれたの10人ぐらいかなぁと思ってたから

シングル行けたかと思ったけど、14位。

安定してシングル取れるようになりたい。

 

山頂にはゴールした面々が。

乗り気さんは3位だったらしい。流石。

1位は佐々木選手。2位はロラー男さん。前評判通りの表彰台だった。

レースの展開を楽しそうに話してだけど、

絡んだどころか見てすらいないので会話には入れず。

次はアタックかかる場面ぐらいまでは居たいな笑

 

E3もゴールしてきた。高田くんとナガレさんは仲良く13.14位。

すげー悔しがってた。また次がある。

そっからは下山して、ソッコーで帰宅。

一刻も早く帰って、疲れを取らねば!

なんか高田くんは車返すのに苦戦してたけど。お疲れ様でした。

 

ヒルクライムは中々難しい。ていうかパワーの殴り合いに

なるから誤魔化し効かない。次は富士ヒル。

まぁ入賞とかはやけど、ちゃんと力出し切りたいな!

 

因みにチームランキングはうちが8位でソレイユ9位。

付かず離れずでずっときてますわ笑笑

 

順位

14

 

個人ランキング/チームランキング

3/8

ホビーレースカテゴリの最新記事