はりちゅう 初エリートで入賞した話

はりちゅう 初エリートで入賞した話

 去年の12月以来のはりちゅう。チャレンジロードに限れば1年ぶり。

ソロに限ればこれまで入賞を逃したことの無い超得意なコースである。

そして初めて優勝した思い出深いコースでもある。

 

今更かもしれないけど、簡単にコース紹介。最初に1分10%の登りをこなして、

アップダウンから一気に降る。最初の登りの入り口のところにゴールがある。

一周3キロ5分程度のコースである。

 

今回は10周のエリートと2時間のチームエンデューロにエントリーした。

エリートに出るのは何気に初めて。クリテ最近出ぇへんからなぁ。

エンデューロの方はどうしてもチームで出たくて、欲張り朝練のぼぅさんに

「表彰台乗せるから!」と無理言って出場してもらった。

 

そしてそんな無理を言ったのに前日に浜松迄行っちゃいましたw

そして300キロ走ったのにキッチリカロリーオーバーしてきました。

 

…いや、当日雨予報だったし、めっちゃ調子悪かったし

全然結果出る気せんかったからええかなと。ごめんよ、ぼぅさん。

 

というわけで当日。塩カーでひみこさんと卵3人で会場へ。ほんとはかわさんも

同乗予定だったけど、安定の起きれないから回避だそうです。ナイス判断。

 

会場へ行ったら試走が終わってビギナーからレーススタート。ビギナーⅡには

雨男リップたんと欲張り朝練のめつさんが出場。尚、リップたんは

散々詐欺や詐欺やと言われてたのに無事千切れてました。おーーい笑笑

 

そしてアップへ。前日の疲れは非常に感じて全然パワー出んかったけど、

メンタル的には充実してた。とりあえずいつもの10分流し、L3:10分、L4:5分、

L5:1分、そんで流しのアップ。去年の大分で結果出てからはずっとこのアップやな。

 

エリートの前のスポーツⅠに塩さん出てたから見てたけど、

途中で千切れる。アップしながら遠目に見てたけどすぐ千切れたことがわかる

目立つジャージでした。おーーーーい笑

 

エリートは中々の強敵ぞろいでソレイユからは木こりさん、

乗り気さん、mousoukaさんが参戦。あとソレイユでは出てなかったけど

糸Pも参戦。ソレイユ少なくてちょっと寂しい…

 

あと要注意なのはミルキーウェイのKBさんと堺浜の金太郎で

現在ポイントリーダーの子もおったな。

 

作戦はどこかの登りで逃げを作って、最終周の登りで全員千切って

1人逃げ出来たら理想。平坦がほとんどないから集団大きくても

追いづらいしね。わりかし直ぐに視界から消えるから見えなくなれば

追う方も難しいはず。

 

というわけでエリートスタート。はりちゅうは後ろにいても恩恵少ないし、

最前列に並ぶ。隣の木こりさんは半袖短パン。気合いよ。

 

レース序盤は特に展開無し。逃げを打つ選手もいないし、静かなもんです。

登りはとりあえず先頭付近で入って一定ワットで踏む。多少抜かれても

大きくポジション落とすこともないしもしアタックがかかってもそのあとすぐ追いつける。

下りも先頭に出ることがあったけど、全然踏まず。踏んでもしゃーないしな笑

 

4周目ぐらいにソレイユのmousoukaさんが登り口からアタック。

見送ろうかと思ったけど、何となく逃げられたら厄介そうなので、一応埋めておく。

 

そして動きがないままラスト3周の表示が見えた。あれ、ガーミンの距離と

合ってないなと思いつつふるいをかけようと登りを上げ目で走る、、、が

全然後ろついて来ず… 逃げる程距離も空いてなかったから

トボトボと集団に戻る。脚の無駄遣い。

 

そして次の周回もラスト3周の表示!騙されたーー笑笑

さっき無駄脚使った分登りがシンドイっす。1人選手が飛び出したけど、放置。

多分大丈夫やろ。

 

と思ってたら下りでまさかの糸PとミルキーウェイのKBさんが合流して

3人逃げ体制に。いやいやこれはヤバイ!でも下りじゃがん踏みしても

あの2人に追いつけへん。ヤバイヤバイ!

 

しかしここで何故かマトの選手が踏み始めて逃げの選手を吸収。

いや、有り難いけどそれはどうなんや笑笑

 

そしてラスト2周。もうここしかないと思って登りを全力で登る。

特に登りの後半は必死。すると1人で抜け出し成功。

後ろを見ると2秒ぐらい後ろに乗り気さん、糸Pが居る。集団は更に後ろ。

これは!と思い2人を待つ。この3人なら逃げ切れる。

 

そして合流したけど、まさかの糸P回ってくんない… マジですかそうですか。

このままゴールまで行けば1番有利なのスプリントがある糸Pなのに。

潰しにきたんかな?それともシンドイ?

よくわからんかったけど、当然ペースが上がらず下りの前で

集団に吸収される。

 

そしてラスト1周。もう逃げる脚は残ってなかったからとにかく

前の方で登る。すると糸Pアタック!その元気あるならさっき引いてくれよー!笑笑

反応出来ず、1人逃げを許す。

 

それでも決定的な差は出来てなかったので必死で追いかける。

先頭で追っかけてたけど僕もだいぶキツかったから真後ろについてた選手に

「引けよ!逃す気か!」って叱咤して無理矢理引かせる。

相当シンドそうだったけどごめんよ。

 

ミルキーウェイも引いてくれて何とか下り前に糸Pをキャッチして下りへ。

こうなればスプリント勝負。ソレイユジャージが上がってきたから

乗り気さんかなと思ったら木こりさんとmousoukaさん。そりゃ残ってますよね~。

 

とりあえずもう脚がスカスカな感じはしたけど、木こりさんの真後ろをゲット。

スプリントであろうと勝つ!

しかし木こりさんがスプリント始めた瞬間に離れる。つら…

それでも最後までもがいたら何とか6位。

 

優勝は金太郎ポイントリーダー。2位は木こりさん、3位がmousoukaさん。

結局ソレイユに持ってかれた。

 

300キロ走った翌日だけど、コンディション的には絶好調だった。

やっぱ調子悪い時は距離走るのがいいのかな。約50分走ってNP316。

IFが1超えてるしw これまでで1番パワー出てたんじゃね?笑笑

 

正直優勝したかったから満足とは行かないけど、初エリートで入賞を

果たしたのはまぁそこそこかな。

 

そして午後からはエンデューロ。もう脚ないっす。チームで良かったー笑

ホビーレースカテゴリの最新記事