堺浜 やっぱり仁義なきジェノサイドされた話

堺浜 やっぱり仁義なきジェノサイドされた話

前回の記事はこちらです

堺浜 ビギナーⅠに出た仁義なき話

 

いよいよ本番の仁義なき戦い。まずは3周回ごとにポイントを奪い合う

ポイントレースだ。ポイントはポイント周回は1位から5、3、1P。

最終周回のゴールだけは15、8、3P。その合計ポイントでその後のTTの

出走順を決めるレースだ。

 

改めて注目チームを紹介しておく。

まずは圧倒的優勝候補、どすこい。

注目選手はJPTで走ってたヤンボーさんと圧倒的パワーおばけYNさん。

他の選手は一緒に走ったことないけど、ティファニー常連組だと思うし、みんな速いに違いない。

次にネクストリーム。E1戦士・らっきょさんや何故か代走で助っ人きりP。

きりP助っ人とかちょっとずるくないですかカワさん…

 

後、気になるのはマッチョスプリンターKMさんがいるユーロワークスや

若さん、ジャスさん、VC 福岡からの援軍NMさん、KM君を引き連れた

all out 絶対倒すマン組。いや、まぁall out 絶対倒すマン組はチームメイトに近いのもがあるが…

ジャージall outのやつ使ってるし。

 

スタートラインに立っていざスタート。最初の3回目の周回は塩さんの

スプリントで絶対取りたかったから3周回目までは絶対許さない。

そのつもりでいたのにリアルスタートと同時にきりPにアタック。

それに(多分)ヤンボーさんが反応。これは絶対逃がすわけにいかんと

追いかけたけど、まさかのクリートが外れる。いやなんで…

 

危うく後ろを落車させるところだったけど、なんとか避けてくれてセーフ。すまん。

しかし2人を逃がす形となった。これはまずいということで先頭をひいていたジャスさんに

声をかけて、改めて追っかける。爆風でめちゃめちゃきつかったけど、なんとか2周目の

バックストレートで捕まえる。

 

しかしそこでどすこいのYNさんがすかさずカウンターアタック。

だから塩さんにスプリントさせるって言ってんだろ!と思って

なんとかアタックに反応。しかし後ろを見たら誰もおらず…

とりあえず後ろついていたらペース落とさんかなと思ったけど、

全くペース落とす気配無し。あかんわ。

 

結局3周目のポイント賞はこのまま行きそう。

でもついて行けずゴール前で引きちぎられる。はえーよYNさん…

一応このまま3周回目を2位で通過し、3Pを獲得するけど、ここまでのAvパワー420。

レースが始まって3周で力使い切った。口の中血の味がする。

完全にレッドゾーンに入れてもうた。

 

この後YNさんに追いつき、後ろにつく。先頭交代を要求されたけど拒否。

後ろのチームメイト追いつかせなあかんのや。ていうか無理や!

後ろから5人ほどの集団が追いついてくる。その中にヨネ君とまさやんが

いるのを確認して、先頭集団からちぎれる。もう無理やー。

ま、塩さん連れてこないとあかんしな、という言い訳を心の中でして集団に下がる。

 

その後、集団に戻って集団の中に潜む。いや、正確にはちぎれないように必死になって

且つ足を回復させる作業。頼むから足回復してくれー。

もうちょっと足の回復に徹したかったけど、このまま終わってしまいそうな

雰囲気もあったから逃げを潰しに集団の前に出る。

 

3回目のポイント賞までにはなんとか逃げに追いついたけど、

そこからスプリントする足は無し。ポイントはどすこいにどんどん取られ、

点差が離れていく。ネクストもポイントを重ねている。

 

その後のキツ過ぎて記憶はあまりないけど、気づけばどすこい3人、ネクスト3人という

かなりやばい逃げを作られていた。これはレース終わる!と思い

ヨネ君、まさやん、塩さんに声をかけて逃げを追いかける。

今日は逃げを埋める作業ばっかりやっとるー!!

 

ヨネ君だけついてきてくれて、一緒に回って追いかける。

追いつきそうになった時にどすこいの選手が1人飛び出していたから、

その選手を捕まえた瞬間にヨネ君に「思いっきり踏んで!」と声をかけて

2人逃げを作りにかかる。。。が失敗。ですよねー。引き離せず…

結局その時のポイント周回はどすこいに全部持ってかれた…

尚、まさやんは安定の4位。

 

そしてそのスプリントからそのまま逃げを作られる。レースは後2周。

最終盤にさしかかってた。(そしてそれにあんまり気づいてなかった。)

若さんに声をかけられて追いかけるけど、力尽きてたから追いつくことなく

試合終了。うちのチームポイント取れたの最初の3Pだけやん。

って思ってたらなんとまさやん先頭集団にいたらしく、2位でゴール。

9ポイントをゲットして帰ってきた。ナイスまさやん!

 

合計ポイントは1位が圧倒的にどすこい。2位が最後のKMさんがスプリントを取った

ユーロワークス。まさやんのゴールポイントのおかげでうちはなんとか3位に滑り込めた。

 

3位に入れば集団よりは先にスタート出来る。これは大きなアドバンテージだ。

ただどすこいには差を見せつけられた。もうちょっと戦えると思ってたからかなりショック…

TTでは10秒差スタート。正直かなり厳しい。

でもまだ逆転は諦めない。うちにはTTの隠し兵器Aさんがおるからな。

…って書いてて思ったけど、Aさんポイントレースで一回も見てねぇなw

最初のスタートの時ぐらいかw TTに期待である。

 

今回のレースはこれまで走ってきたレースの中で一番しんどかった。

どのくらいしんどかったかというと途中記憶がないぐらいしんどかった。

ということでかなり曖昧な中記事を書いてますので間違いがあればご連絡願いますww

修正は多分しませんがね!

 

続く

 

 

 

 

 

ホビーレースカテゴリの最新記事