サイクルエンデューロin播磨中央公園 まさかの独走した話

サイクルエンデューロin播磨中央公園 まさかの独走した話

 お馴染みはりちゅうでのレース。今回は午前・午後に

それぞれ2時間のエンデューロだ。

午前の時計回りはソロ・午後の反時計回りはall outのチームでエントリーした。

 

 午前のメンバーを見るとレースの鍵を握るのはどう考えてもソレイユw

春のはりちゅう150kmチャンプ・乗り気さん、

大釜練で千切られかけたほっきーさん、

岡国優勝経験者みっちゃん辺りはレースの中心になるだろうな。

他にもアッシー出てたし、カテ違いの優勝候補最右翼の

kamipackさんやハル君は要警戒やな。ハル君ソレイユ違うか。

 

 そしてソレイユ以外で言えば、やっぱりきゅうり王子。

この人の場合、実力は間違いなく1番やけど、コンディションと

やる気の問題かな?w

他に気になってたのはミルキーウェイのKTDさんやけど、

どうやらDNFらしい。残念…

 

 そんでいざスタート。「オープニングカチ上げしますわ」的な

ことをきゅうり王子がぶっ飛んでったけど、全然誰もついてかないから

すぐに槍を収めて戻って来た。その後もきゅうり王子が逃げたそうに

登りのたびに前に出てくる。

 

 5周目ぐらいにきゅうり王子の登りでちょっとあげる。

そこで僕もちょっとペースを上げて、追いかけると

横からハル君がものすごい勢いで駆け上がってく。

きゅうり王子も「乗った!」と追いかけてく。かっこいいな。

これは強力な逃げになりそうと僕も追っかけると、後ろから

乗り気さんとkamipackさんも来て、5人の逃げへ。

 

 こんな優勝候補だらけの逃げ絶対強いやんということで

頑張って回すと3人になってた…いや何故?

このメンバーが千切れるほどのペースではなかったはず。

超強力な逃げが出来そうだったけど残念ながら下りで吸収。

 

 集団に戻ってたハル君に何で千切れたんー?って聞いたら

ジュニアギアで下り無理ってw そりゃしょうがない。

レース後にジュニアギア関係なく「下りであいつの後ろ怖い」って

言われてけどな笑

俺も後ろから見てて怖いから要練習!

 

 その後ペースアップ警戒して前の方走ってたけど、

あんまり上がりそうな雰囲気ないから

これ前を走る必要ことないなと後方待機。

 

 3,40分たった頃に京大の子が逃げていくのが見える。

よく見えんかったけど多分2人?が逃げてく。

まだ1時間半あるし、放置。まぁぶっちゃけ大丈夫でしょ。

kamipackさんに「捕まりますかね〜」なんて話ししてたら

「逃げはオープンカテやから自分らが捕まえなあかんで〜」的なこと

言われた。確かにw

しかし30秒〜40秒まで離れたところで差が縮まらない。

 

 残り1時間切った頃にちょっとやばいかも?と危機感感じて

登りでペースを上げて見る。。。 誰もついて来ませんけど。

くそーうまくいかんなぁ。

なんか1人逃げ状態になっちゃったからそのままペースで

先頭追ってみる。

すると京大の子が見えたから「先頭?」と聞いて見ると

先頭からドロップしましたとのこと。

くそー。追いついたと思ったのに。

 

 そのまま走ってたけど、下り切った先で集団に

吸収。先頭との差はあんまり縮まってない…

無駄な1人逃げかましちゃったから足回復させるために

集団に潜む。逃げが離れないことを願って走る。

しかしこの時点でも集団の人数が多い。

まだ20人ぐらいはいるかな。ペースが上がってないんやろうなぁ。

 

淡々と集団がペースを刻んでいると逃げが垂れて来たのか

大分差が縮まってくる。15秒差まで縮まったところできゅうり王子がアタック!

登りでぐんぐん離れていくけど、他が反応しないから様子見。

すると登り終わったところできゅうり王子が戻ってくる。

何だったか聞いたら「ブリッジかけようと思ったけど失敗した」らしい。

ああ、そういう動きだったのか。

 

そんで次の登りでも再度きゅうり王子がアタック!元気やなー。

いい加減集団を減らしたかったし、今度はアタックに反応。

2人になれば、何人かついてくるかなと思ったけど

全然反応ない。スルスルと集団が離れてく。

 

登りの途中で京大発見。今度はサポートライダーのエモさんおるから

先頭に間違いない。

そのまま京大も置き去りにしてきゅうり王子と2人逃げ状態。

これは行けるとこまでいくか!

エモさんも加わって3人の逃げ。

エモさんの下りを後ろから見たけど、惚れ惚れするほど上手い。

下りが上手いってこういうことを言うんやな。テクニックが違う。

 

そして次の登りで頑張ってたらきゅうり王子まさかのドロップ。

いやいやあんたが作った逃げやんけ!1周で千切れんでくれー。

 

登り切って1人になったけど、一体どうしようか。

集団との差は30秒とモトの人が教えてくれた。

まだ20分残ってるから1人逃げは厳しいか?

集団に追いつかれた時に足がすっからかんにならないように

ペースで登りはそこそこ、下りは下り口だけ踏んで、

あとは空力を減らして足を溜めながら集団を待つ。

しかし1週したところで集団が40秒差へ開いた。

…何故?

 

これは最後まで行くしかないってことで踏ん張る。

でもやることは変わらない。

さっきよりほんの少し頑張るだけ。レッドゾーンに入らないように

注意を払ってペースで走る。終盤だけど足が動く。

先月距離走ってて良かったと思った。

 

スタート地点の側で午後から同じチームで出場のゴリさんやハマケンさん

ソレイユのナダルさんや応援に来てた柴さんが応援してくれてる。

これは頑張らなあかんな。

 

残り時間ラスト10分。ここが一番しんどかった。

登りはパワーが落ちないように

下りはスピードが落ちないように。

きつい気がするが足はよく回る。

 

残り5分を切ったところでラスト1周。

登り切ったところでエモさんが待っててくれて、

後ろ40秒差と教えてくれる。これで勝利を確信。

ここからはリスク排除で落車に注意してペースを落とす。

ゆっくり降ってゴールへ。ちょ、涙が…

 

両手放しでガッツポーツしようとしたらふらついて

慌ててハンドルを持ち直して片手でガッツポーズ。

カッコつきませんなぁ。

 

ゴール後、チームメイトのall outの方や

一緒に練習しているソレイユの方々にめっちゃ

祝ってもらった。

これまで自転車やってた中で一番嬉しい勝利。

自分がやって来た練習は間違ってなかったと思うと

本当に嬉しくてたまらない。

 

今年最後のレースでまさかの優勝。

終わりよければなんとやら。来年は良い年になりそうだ。

ホビーレースカテゴリの最新記事