ツールド北國 day 3 死ぬかと思った話

ツールド北國 day 3  死ぬかと思った話

前回からの続きです

ツールド北國 day 1  グルメの当たりがなかった話

ツールド北國 day 2 ペダリング研究会

 

いざ東北へ!

金沢から始めた旅もついに東北へ入る。人生初東北は自転車旅になるとは。

この日は新潟県の長岡から福島県に入り、有名な喜多方ラーメンを食べ、

山形の米沢まで約200kmの行程となる。

 

とりあえず長岡を出てしばらくは市街地。市街地といっても

信号はそんなに多くないし結構走りやすい。

新潟と福島の県境あたりで秘境っぽくなってくる。

途中温泉宿とかあったけど、結構いい感じ!

 

福島の県境の手前で早めに昼ごはんを食べる。

峠に入るとご飯食べるところなさそうだし、

目に入った道の駅に入る。

 

おお、道の駅の中にそば屋がある。これは期待できる!さぁ何食べようかなー。

結構暑いから冷たい蕎麦いただこうかな!ということで山菜蕎麦の冷たいやつ。

…蕎麦は暖かいのが美味しいね。いや、きっと凄い質の高い蕎麦だとは思うんだ。

天ざるそばを推してたからそっち食べればよかった。∧( ‘Θ’ )∧

 

気を取り直して、峠を超えて福島県入り。

ついにはこぶね東北侵入でーす!これから楽しみだなー。台風来そうだけど…

この頃には昨日からずっとやってた骨盤ペダリングもなんかいい感じになってくる。

骨盤で踏むと言われたけど、俺の感覚では骨盤と繋がってる大腿骨の

付け根の部分を回転させる感じ。すると足の付け根のところにいい感じに

熱が入る。これをすれば全然踏んでる感覚がないのにFTPぐらいのパワーが出る。

踏んでないのに40km/hでスイスイ進む。これはいい!

まぁ感覚的なものなので人によって違うんでしょうが。

 

喜多方ラーメンと不穏な空気

福島に入ってちょっと走ると喜多方に着く。というわけでおやつの

喜多方ラーメン!桃鉄で有名なやつね。

京都にもお店を出している「坂内食堂」さん。

シンプルな味だけどしっかり味が作られてて美味しい!チャーシューも

分厚くてジューシー!これならチャーシュー麺食べてもよかったなー。

平日なのにお客さん結構入ってる。この味なら客入りが多いのも納得ですね。

土日は行列できるらしい。

ついでに夕方の宿を探す。今日の米沢周辺で宿を探す。見てたら

米沢から20kmのところに秘境の湯みたいなところがある。

滑川温泉か。秘境の湯とかいったことないし面白そう!

写真見る感じ景色も良さそうだし、ここにしよう。

…これが間違いの始まりだった。

 

坂内食堂さんで美味しいラーメンを頂き、今度は山形県へ向かう。

山形との県境は大峠という峠道。主要幹線だから車はそこそこ走ってるけど、

道は広いし、獲得700mぐらいあるし、信号ないし、めっちゃ楽しい。

家の近くにあったらいいのになー。

 

 

米沢牛旨し!

そして山形県。5時過ぎだけどだいぶ暗い。もう秋だなー。

晩御飯は「レストラン飛行船」さんだったかな。

米沢牛を食べようと思ったけど、値段にびっくり!無理無理。

ということで比較的に安価な米沢牛バーガーを頂く。

これもジューシー!ふんわり柔らかなお肉旨しです。

米沢牛使ったビーフシチューとか色んなメニューあった。

ちょっとお値段は貼るけど、少し贅沢な気分を味わえましたw

 

漆黒

そして今日の宿泊地、滑川温泉に向かう。距離にして20km程度。

6時でもう周りは真っ暗だったけど、8時までにチェックインすれば

いいし、余裕でしょ。フロントライトの充電が切れそうで赤ランプがついてるのが

若干気になるけど、まぁ携帯充電器も持ってるしなんとかなるでしょう。

 

 

ところがあと18km地点で街灯が無くなる。真っ暗。

え、マジでと思いながら進むけどどんどん山奥に入ってくる。

車、人は全く通らない。マジで怖いんだけど。なんか生命の危機を感じる。

イノシシとか動物系も怖いけど、東北の山奥だしヤマンバとかに追われそうとか

妄想して、泣きそうになる。とにかく怖いから大声で歌う。

「遠くへ行け、遠くへ行け ぼ〜くの中でだ〜れかが歌う♪」

やっぱ怖いやんけ!

 

ドキドキしながら残り距離を確認する。…まだ3kmしか進んでない。

数軒だけど民家がある。マジでチャイム押して「宿まで送ってください」って

頼もうか悩む。いや、さすがにそれはな…

 

そんなこんなで進んでいるとオフロード突入!

 

 

 

いやいやいや。

こんな中パンクしたら暗すぎて直せへやんけー。しかも暗いからよくわからんけど

結構登ってるっぽい。気づいたらインナーローでギア使い切ってる。

ガーミンを見たら勾配27%だって。

…27%⁉︎

 

フロントライト「もう僕はダメあるよ」

タイヤ「オフロード走って、パ、パンクしたって知らないんだからね!」

この裏切りもの〜((((;゚Д゚)))))))。

 

ラスト10kmすぎたあたりでついにフロントライトが切れる。

おお、何にも見えん。道すら見えん。引き返すことも考えたが

宿の予約ブッチしたら申し訳ないし、場所的に既に引き返せないところまで

来てしまっている気がする。

とりあえずフロントライトを充電器にぶっ刺して、一服。

は〜星が綺麗だ。泣きそうだけど。

 

とりあえず途方にくれててもしょうがないからライト充電しながら

携帯のライトをつけて歩くが、、、すぐ充電切れる。お前もか。

充電出来た分だけでとりあえずライトをつけて走り出す。

ガーミンの気温を見ると9℃。しかしがっつり登ってるし全然寒くない。

 

進むと更に小道みたいなところに行かされる。

ガーミンの地図なかったら絶対に辿り着けんな。

最後までがっつり登って宿が見えて来た。

ほんまに助かった〜!

時間は8時過ぎ。信号1箇所もなかったのに20km進むのに2時間以上かかった。

時速10km以下ww

 

宿にチェックインする。宿の人には「え!自転車で来たんですか⁉︎」って言われた。

その反応は一般的に正しい。今俺もそう思っているからな。

部屋に案内してもらって、水を飲む。ああ、明るい。布団がある。幸せである。

しかし…

 

 

 

「生きててよかった〜:(´◦ω◦`): 」

 

 

 

 

ロングライドカテゴリの最新記事