JBCF大星山ヒルクライム E1で入賞した話

NO IMAGE

初のE1レース

 大分の記事が書き終わってないけど、先に山口であった大星山ヒルクライム。クラスタはE1。初のE1挑戦になる。正直舞洲で昇格出来んかった時点で、今年中にE1で戦えるとは思ってなかったからボーナスステージ感すらある。どのくらい通用するか楽しみだ。

 コースは8km程度のヒルクライム。競技時間は20分強で平均勾配5%と一見キツくなさそうだが、前半のアップダウンから後半ガツンと登るプロフィール以上に厳しい山岳だ。

今回僕は初めてのE1でレベル差もよくわからん。とにかく集団についていくこと。前は引かない。1人2人の逃げが出来ても追わない。とにかく温存して姑息に入賞を狙いにいく。

ホントは前引いて、アタックかけて勝つのがカッコいいんだけど、多分実力に無理。

all outからは今回僕の他にE2のまさやん、Fのたろちゃん、E3にはtk君と初参加のヨネ君の5人が出場する。

初参戦のヨネ君はこの間淡路島でぶっちぎってくれたから期待大!プレッシャーになるだろうからあまり言わんが笑

遠征

恒例になってきた深夜の長距離移動。今回はみんな大阪で集合して僕だけ神戸で拾ってもらう。そして集合場所に集まってヘルメットを忘れてることに気付くwww そしてヨネ君もウェアが無いらしい。実業団レースは指定ウェアじゃないと出れないのだが、みんなヨネ君に伝えるのは忘れてたwww

というわけで、結局僕の家に行ってヘルメットとジャージ(舞洲の落車で穴開き)を回収して山口へ向かう。最初から俺ん家迎えにきて貰えば良かった笑

道中は大分の反省を活かしてみんな23時には就寝。僕は運転しながら爆音で音楽聴いてたけど笑 1時前に代わってもらってそこからは寝た。前の大分の時よりは寝れたかな。

激坂&激坂&激坂

近くのPAで仮眠を取って、コンビニで朝ごはん。いつも通り4時間前にパスタ。もしかして朝早くなら試走出来るんじゃね?と思い早目に移動。試走出来た。

思ったよりきついwww 前半のアップダウンも結構長い登りあるし、後半は17%とかザラ。最後3.5キロからはずっと激坂で、わりかしバカジャネーノなコース。そしてアップなのにヨネ君速いよぉ。適当に千切れる。追っかけたら足無くなるわ。

試走が終わって下ってる途中から気持ち悪くなる。アップ上げすぎたかな… 食べてるものはいつもと変わらないからなんだろう。寝不足もあるのかな。

足回してたら楽にならんかなと思ってギリギリまで周辺をウロウロする。既にレース仕様で、チューブとか持ってなかったからパンクしたら終わりやったな笑

集合場所に集まる。周りの人は1年間E1で走ってきて、顔見知りみたいな感じで和気藹々と喋ってる。俺だけぼっち笑 唯一パナのMさんだけが知り合いで喋る。知り合いがいると嬉しいなー

今回出場する選手はほとんど知らない選手だったけど、リーダージャージ着てる選手は絶対速いし、マークしておく。

スタートは一般→E1→F→E2→E3の順。みんなのゴール取るために携帯をポッケに入れてく。このくらいの距離なら携帯の重量ぐらい関係ないでしょ笑

虎視眈々

そしていざスタート。流石E1、リーダーチームの引きで最初から良いペースで走る。最初の登りで何人か単独で逃げる。でもここでの逃げはあとで吸収される可能性が高いし、無視。前の方を走りながら、とにかく足を使わないように走る。

途中Mさんに「流石E1は速いっすね!」って声掛けたら「余裕やな!」と言われた。まぁまだキツくはない。

前半区間は無駄足使わないように、かつ激坂区間入っちゃうと道が狭くて前に出づらいから激坂に前で入れるようにポジションをキープ。

そして結局大きな逃げもないまま残り3.5kmの激坂へ。気付けば先頭を引いてる。もしかして調子良い?気持ち悪いのも無くなったし。パワー計見てビックリ。余裕で7倍近く出てるやん。これは絶対タレると思い先頭を譲る。

レースはリーダージャージの選手を中心に進んでいく。彼が先頭を引く場面が多い。後ろを見る余裕はなかったけど、バラバラと千切れていってるっぽい。

サバイバル合戦

ラスト3kmを過ぎたあたりでエキップユーレーシングの選手が良い飛び出しを見せて、集団を引き離す。集団には恐らく6.7人程度の人数が残ってる。リーダージャージが良いペースで登ってるからなんとか食らいつく。

ラスト2km超えた辺りで更に人数が減り、リーダージャージの選手と徳島レーシング、僕の3人になる。この時点で、まだ2人はだいぶキツそう。僕はまだ余裕あるかなと思って、心拍計を見ると195!あれ、体感とだいぶ違う。

徳島レーシングの選手が後ろに離れていく。現在3位。前との差も詰まってきてる。リーダージャージの選手もきつそう。このまま行けば表彰台に乗れる。

しかしラスト1km切った所でリーダージャージの選手がペースアップ。このペースアップがきつかった。ドンドン離れていく。身体的にもきつかったけど、それ以上にメンタル的に来て踏めなくなってしまう。

試合後インタビューでリーダージャージの選手はラスト1kmまで我慢して、そこから踏んだと言っていた。一杯一杯だった僕とはだいぶ差があるな笑

ラスト1km の地獄と我慢の入賞

ここからの1kmはホントに地獄だった。全然力が入らず、とにかく早く終わってくれと願う。先ほど置いていった徳島レーシングの選手に抜かれる。これで表彰台から脱落。マジで早く終わってくれ。キツ過ぎる。

ラスト500m付近で後ろから2人くる。しかし全く対抗出来ずパスされる。これで6位。もうあとは後ろから選手が来ないことを祈って、進む。全然パワー出ん。

最後に踏む足すら残っておらずそのままゴール。疲れた… でも何とか入賞守りきった!まぁ達成感とかよりメンタルの弱さから表彰台逃した感強いけど笑

TEAM ALL OUT

そのまま山頂に自転車を止めて、後続の写真撮影へ。E2のトップがゴールしてくる。最後しか見てへんけど、めっちゃ早え。

2位の選手がゴールした1分後ぐらいにまさやんが来る。同じクラスの選手とせってる!「ラストラスト!」と声をかけるも競り勝てずE2で4位。

そのすぐ後にヨネ君来た!フォームバラバラでめっちゃキツそうだけど、E3優勝!俺よりタイム速いww  いや、マジで良い選手が入ってくれたわ。早くE1で一緒に走りたい。

この日の為に減量してまで臨んだらしい。実力もさることながら、レースに対する姿勢も見習いたい。ポテチ美味いとかやってたらあかんのやろうなwww

そしてたろちゃんがゴール!最後めっちゃせってるから熱い優勝争いかと思ったら、何故かE3の選手とせってる。何故?笑 Fではぶっちぎりの優勝。1km地点から逃げてたらしい。

そしてtk君がゴール。リザルトでは15位。all outで唯一入賞逃したww 監督に何言われるかな?笑

結局、all outは全クラスで入賞!うち優勝2つ!個人で結果出たけど、チームでも結果が出て嬉しい!来年はもっと表彰台を賑わせられるチームになりたい。

そして下山して僕は大阪で結婚式の2次会があるからすぐ新幹線で大阪へ…行きたかったけど、表彰式!時間やばいかもしれん。表彰状だけもらって帰ろうかな… 運営の人に聞いてみたら表彰式早めてくれた笑 有難い。

無事表彰も終わり急いで新幹線で大阪へ。2次会は何とか間に合いました。会場でグッタリしておりましたが笑

来季に向けて

今季最後の実業団レースは来年に期待出来る形で終えることが出来た。個人としてもチームとしてもまだまだ高いレベルで戦える。冬の間にどれだけ鍛えられるか。

その為にまずは休養。疲れが抜けないし、慢性的に体が重い。いっそ2週間ぐらい自転車乗らないぐらいが良いのかもしれないな。代わりにジムでも行くか。

まぁまだ沖縄有るんですけどね。

実業団レースカテゴリの最新記事